ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 世界のミムラTOP 世界のミムラ~シューズ名工の軌跡(3)1番になる

世界のミムラ

世界のミムラ~シューズ名工の軌跡(3)1番になる

2016.08.04
  • 印刷
飾磨工高時代の三村仁司さん(中央)=本人提供

飾磨工高時代の三村仁司さん(中央)=本人提供

 シューズ職人三村仁司(67)は兵庫県加古川市の志方中学校で陸上部に入っていた。教師らからは、東播地域の進学校、加古川東高の受験を薦められたが、進んだのは、陸上長距離の古豪、飾磨工業高校(姫路市)。競技を続けて練習に励んだ。

 三村には学業よりスポーツを優先する理由があった。中学校の校内マラソンで3年間2位どまり。1位は野球部員に奪われ続けた。「悔しくてね。(強豪校に入って)長距離種目で1番になりたい気持ちがものすごく強くなった。勉強も嫌いだったし」と振り返る。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。