ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 世界のミムラTOP 世界のミムラ~シューズ名工の軌跡(7)金メダル

世界のミムラ

世界のミムラ~シューズ名工の軌跡(7)金メダル

2016.08.08
  • 印刷
アテネ五輪女子マラソンのスタート前に話す野口みずき選手(右)と三村仁司さん=2004年8月(三村さん提供)

アテネ五輪女子マラソンのスタート前に話す野口みずき選手(右)と三村仁司さん=2004年8月(三村さん提供)

 1枚の写真がある。2004年アテネ五輪女子マラソンのスタート数分前、野口みずきと、シューズ職人三村仁司(67)が会話している姿だ。このやりとりが、金メダルへの一つの伏線となった。

 野口は三村を見つけて「行ってきますという感じで」あいさつに行ったという。そこで三村は「下りで力を入れて走ったら、絶対にレースは終わるぞ」と忠告した。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。