ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 世界のミムラTOP 世界のミムラ~シューズ名工の軌跡(6)緊急措置

世界のミムラ

世界のミムラ~シューズ名工の軌跡(6)緊急措置

2016.08.07
  • 印刷
バルセロナ五輪女子マラソンで銀メダルを獲得後、写真に納まる有森裕子選手(右)と三村仁司さん=1992年8月(三村さん提供)

バルセロナ五輪女子マラソンで銀メダルを獲得後、写真に納まる有森裕子選手(右)と三村仁司さん=1992年8月(三村さん提供)

 これまでに9大会の夏季五輪に関わってきたシューズ職人三村仁司(67)が唯一、涙した大会がある。1992年のバルセロナ五輪。かすむ目の先には女子マラソン銀メダリストの有森裕子がいた。

 実は有森はメダルどころか、完走すら危ぶまれる状態だった。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。