ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 経営新潮流TOP (22)阪急阪神百貨店 社長・荒木直也さん

経営新潮流

(22)阪急阪神百貨店 社長・荒木直也さん
巻き返しへ先鋭的試みも

2016.04.03
  • 印刷
「『憧れ』と『生活のエンターテインメント』を提供したい」と話す荒木直也社長=大阪市北区角田町、阪急うめだ本店(撮影・笠原次郎)

「『憧れ』と『生活のエンターテインメント』を提供したい」と話す荒木直也社長=大阪市北区角田町、阪急うめだ本店(撮影・笠原次郎)

 関西で暮らす人の生活を華やかに彩ってきた阪急阪神百貨店(大阪市)。店舗別売上高で全国2位の阪急うめだ本店を擁する同社を率いるのは、生粋の「神戸っ子」である荒木直也さん(58)だ。開かれた国際都市であり、人情の厚い下町の風情も残す神戸。生まれ故郷で磨いた感性をよりどころに、時代の荒波に立ち向かう百貨店のかじ取りに挑む。(長尾亮太)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。