ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 経営新潮流TOP (41)関西エアポート 社長・山谷佳之さん

経営新潮流

(41)関西エアポート 社長・山谷佳之さん
「空の玄関口」を活性化

2018.01.14
  • 印刷
「学生時代を過ごした神戸の活性化に貢献したい」と話す関西エアポートの山谷佳之社長=神戸市中央区、神戸空港(撮影・後藤亮平)

「学生時代を過ごした神戸の活性化に貢献したい」と話す関西エアポートの山谷佳之社長=神戸市中央区、神戸空港(撮影・後藤亮平)

 神戸空港が4月に民営化される。関西、大阪(伊丹)と合わせた3空港の一体運営を指揮するのが、関西エアポート社長の山谷佳之さん(61)だ。同社の大株主であるオリックスの在籍時にリースや金融、不動産の各事業を経験。さまざまなサービス現場で培った知見を土台に、「空の玄関口」の活性化を通じて、若き日を過ごした神戸への貢献を誓う。(長尾亮太)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。