ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 経営新潮流TOP (34)ユーロックテクノパーツ 社長・竹中福康さん

経営新潮流

(34)ユーロックテクノパーツ 社長・竹中福康さん
「外せないねじ」を開発

2017.05.07
  • 印刷
「ねじの改良を重ねて、気がつくと明け方になっていることもある」と話すユーロックテクノパーツの竹中福康社長=神戸市西区白水3

「ねじの改良を重ねて、気がつくと明け方になっていることもある」と話すユーロックテクノパーツの竹中福康社長=神戸市西区白水3

 ねじ業界の常識を覆す「外せないねじ」が売り上げを伸ばしている。開発したのは、ねじ企画・販売のユーロックテクノパーツ(神戸市西区)の竹中福康社長(46)。2020年の東京五輪・パラリンピックのテロ対策で重要施設への進入防止などに有効とされる。竹中社長は「これからも常識破りの新製品を送り出していく」と次への準備を進める。(塩津あかね)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。