ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 ひょうごのロングセラーTOP (99)運動靴-ラッキーベル 子どもの健康育て続け

ひょうごのロングセラー

(99)運動靴-ラッキーベル 子どもの健康育て続け

2012.07.11
  • 印刷
設立当初からベルマーク活動にも参加。「社名のベルは活動から名付けられました」と、有吉英二社長=神戸市長田区神楽町4、ラッキーベル

設立当初からベルマーク活動にも参加。「社名のベルは活動から名付けられました」と、有吉英二社長=神戸市長田区神楽町4、ラッキーベル

 甲の部分が三角のゴム布になっている学校の上履き「前三角ゴムシューズ」。子どものころ履いたことを懐かしく思い出す人も多いだろう。「シューズと接する時間が長い学校生活の中で、足から健康を育てようというのが先人の願いでした」。ラッキーベル(神戸市長田区)の3代目の有吉英二社長(65)が話す。

 人間工学に基づいて設計し、1969年に発売。素材は改良を重ねたが、デザインは当時のまま。着脱が簡単で程よくフィットするため、跳びはねても脱げない。「行動や身体に合ったデザイン」と胸を張る。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。