ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 ひょうごのロングセラーTOP (117)源氏パイ-三立製菓 大河ドラマから“命名”

ひょうごのロングセラー

(117)源氏パイ-三立製菓 大河ドラマから“命名”

2012.12.19
  • 印刷
「シンプルな菓子だけに温度と味の管理が難しい」と話す古山工場長。工場は毎日2交代でフル生産が続く=丹波市柏原町大新屋、三立製菓兵庫工場

「シンプルな菓子だけに温度と味の管理が難しい」と話す古山工場長。工場は毎日2交代でフル生産が続く=丹波市柏原町大新屋、三立製菓兵庫工場

 その名は、NHKの大河ドラマに由来する。

 1963(昭和38)年、パイ生地を使った焼き菓子の量産に三立(さんりつ)製菓(浜松市)が国内で初めて成功した。日本人向けにあっさりとした味への改良を重ね、65年の発売が決まった。「西洋の菓子だが、商品名は日本風の味が分かるように」と会議で注文がついた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。