ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 ひょうごのロングセラーTOP (119)えきそば-中華麺に和風だしの妙

ひょうごのロングセラー

(119)えきそば-中華麺に和風だしの妙

2013.01.30
  • 印刷
注文から20秒もすれば出来上がる「えきそば」。早さも売りの一つ=JR姫路駅

注文から20秒もすれば出来上がる「えきそば」。早さも売りの一つ=JR姫路駅

 JR姫路駅のホームに降り立つと、独特のだしの香りに誘われる。中華麺なのに和風だしという珍しい組み合わせで知られる「えきそば」だ。

 発売は1946(昭和21)年。当時、麺はうどんだった。汽車が石炭や水を補給するため停車している間、売り子たちは首からトレーを提げて、うどん鉢を載せて乗客に売り歩いていた。だしはポットに入れて注文を受けてから注いでいたという。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。