ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 ひょうごのロングセラーTOP (133)チキンウインナー-クワムラ食品 鶏肉使い、後味あっさり

ひょうごのロングセラー

(133)チキンウインナー-クワムラ食品 鶏肉使い、後味あっさり

2013.05.29
  • 印刷
「小腹がすいたときのおやつにもぴったり」。子どもからお年寄りまで幅広い世代に愛されるチキンウインナー=兵庫県多可町中区

「小腹がすいたときのおやつにもぴったり」。子どもからお年寄りまで幅広い世代に愛されるチキンウインナー=兵庫県多可町中区

 オレンジ色のセロハンをめくると、プルンとした桃色のウインナーが飛び出す。かめばかむほどジューシーなうま味が口いっぱいに広がるが、あっさりとした後味は鶏肉ならでは。1963年の創業当時から半世紀にわたって愛され続けている懐かしの味だ。

 鶏肉のウインナーは全国的にも珍しいという。開発したのには、クワムラ食品の生い立ちにさかのぼる必要がある。もともと養鶏場としてスタートし、最盛期には県内最大規模の10万羽を飼育していたが、成長して卵を産まなくなった親鶏の活用が課題になった。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。