ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 ひょうごのロングセラーTOP (137)ポーム・ダムール-一番館 チョコとリンゴの愛の味

ひょうごのロングセラー

(137)ポーム・ダムール-一番館 チョコとリンゴの愛の味

2013.06.26
  • 印刷
ポーム・ダムールを手にする川瀬俶男社長。リンゴの容器は昔の陶器製=神戸市中央区元町通1、一番舘

ポーム・ダムールを手にする川瀬俶男社長。リンゴの容器は昔の陶器製=神戸市中央区元町通1、一番舘

 赤と緑のリンゴの容器が愛らしい「ポーム・ダムール」。中には、リンゴの蜜煮をくるんだチョコレートが入っている。

 神戸・元町商店街にある輸入チョコレート店「一番舘」の看板商品だ。岐阜県多治見市出身の故川瀬鉱一氏が1971年に開店とともに同名の会社を設立。ポーム・ダムールは2年の歳月をかけて開発し、発売から今年で40年を迎えた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。