ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 ひょうごのロングセラーTOP (146)カルピー-県立農業高校 生徒が作る“青春の味”

ひょうごのロングセラー

(146)カルピー-県立農業高校 生徒が作る“青春の味”

2013.09.25
  • 印刷
カルピーを瓶詰めする生徒たち=加古川市平岡町新在家、県立農業高校

カルピーを瓶詰めする生徒たち=加古川市平岡町新在家、県立農業高校

 「初恋の味」といえばカルピス。同じ乳酸飲料のこちらは「青春の味」といえるかもしれない。県立農業高校(加古川市、県農)の実践学習でつくられ、大半が同校や地域のイベントで販売される。すっきりとした味は地域の人のみぞ知る。

 授業の一環でさまざまな加工食品をつくる食品科学科。看板商品の一つだが、誰が開発し、いつから授業に組み込まれたのかは、記録がない。同校出身の澤井正志教頭(52)に尋ねると「私が在校していたころには既にあった」という。少なくとも30年以上たつ。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。