ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 ひょうごのロングセラーTOP (144)日の出新味料-キング醸造 みりん風調味料の先駆け

ひょうごのロングセラー

(144)日の出新味料-キング醸造 みりん風調味料の先駆け

2013.09.04
  • 印刷
「みりんと違ってアルコールを飛ばす手間が省けるから、調理も楽なんです」と、キング醸造社長の大西和樹さん=兵庫県稲美町蛸草

「みりんと違ってアルコールを飛ばす手間が省けるから、調理も楽なんです」と、キング醸造社長の大西和樹さん=兵庫県稲美町蛸草

 調理に使うと、和食のまろやかな甘みが引き立ち、表面に照りが出る。

 本みりんに近い風合いで、低価格の「みりん風調味料」。1960(昭和35)年、業界に先駆けてキング醸造(兵庫県稲美町)が開発した。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。