ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 ひょうごのロングセラーTOP (161)ティーバッグ-神戸紅茶 初の量産機 市場を拡大

ひょうごのロングセラー

(161)ティーバッグ-神戸紅茶 初の量産機 市場を拡大

2014.03.19
  • 印刷
40年ほど前に輸入した機械で生産したティーバッグを手にする神戸紅茶社長の下司善久さん=神戸市東灘区住吉浜町

40年ほど前に輸入した機械で生産したティーバッグを手にする神戸紅茶社長の下司善久さん=神戸市東灘区住吉浜町

 40年余り前にドイツで生まれた機械が、紅茶の茶葉を2グラム前後ずつ紙で包んでは形を整えていく。糸を付け、包装するとティーバッグが出来上がる。

 職人のように精緻な動きで、1分間に150個を生産。日本で初めて量産機を導入した神戸紅茶(神戸市東灘区)の社長、下司善久さん(55)は「メンテナンスを繰り返して大事に使っています」と話す。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。