ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 ひょうごのロングセラーTOP (169)酒だる-たるや竹十 職人技の魅力伝え200年

ひょうごのロングセラー

(169)酒だる-たるや竹十 職人技の魅力伝え200年

2014.05.28
  • 印刷
昔ながらの道具を使ってたるを作る西北八島さん(奥)ら=神戸市灘区大石南町1、たるや竹十

昔ながらの道具を使ってたるを作る西北八島さん(奥)ら=神戸市灘区大石南町1、たるや竹十

 木造の製造所に足を踏み入れると、杉の香りが押し寄せてきた。鏡割りしたばかりのような日本酒のにおいも漂う。思わず深呼吸した。

 「吉野杉の中でも最良といわれる奈良県川上村産を使っています。樹齢は100年ほどです」。天井まで積まれた材料やたるを背に、代表の西北八島(にしきたやしま)さん(65)が説明してくれた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。