ひょうご経済プラスTOP 連載一覧 ひょうごのロングセラーTOP (174)カップ酒-大関 次の半世紀へ進化続け

ひょうごのロングセラー

(174)カップ酒-大関 次の半世紀へ進化続け

2014.12.10
  • 印刷
担当者が手にするのは定番品(右)と発売50年を記念した新商品=西宮市今津出在家町、大関

担当者が手にするのは定番品(右)と発売50年を記念した新商品=西宮市今津出在家町、大関

 ガラガラガラ…。コンベヤー上を整然と行進するガラス瓶に次々と酒が充填され、ラベルが貼られていく。「1時間に6万本を生産しています」と大関(西宮市)の工場担当者。冬の繁忙期の真っ最中だ。

 ワンカップ大関は1964年10月10日、東京五輪の開会式の日に合わせて発売された。以来50年。累計41億本以上を出荷し、カップ酒の代名詞となった。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。