行事等の後援について

 神戸新聞社では、文化・学術・スポーツ等の振興と地域コミュニティーの活性化に寄与することを目的に、市民や団体等が主催する各種の行事を後援しています。
 後援を希望されるときは、以下の事項についてご了解いただいたうえで、お申し込みください。



対象

兵庫県内での実施を原則とします

 スポーツ、芸術、学術、教育、社会貢献、芸能などの各分野の催し等で、原則として兵庫県内で実施されるものについて後援します。県外で行われる催しの場合も兵庫県民の幅広い参加が見込まれるものなどは、この限りではありません。

 ただし、下記のいずれかに該当する場合は、後援できないことがあります。

  • 公序良俗に反するもの、またはそのおそれのあるもの
  • 特定の政党、宗教団体等が政治活動、布教等を目的として実施する事業
  • 高額な参加費等の徴収、または出品作の販売など、営利が主目的と認められるもの
  • 特定の団体・企業・個人等の宣伝・売名または商業活動が目的と認められるもの
  • 単一の学校・チーム等の行事で、参加者(出品者)を当該組織のメンバーに限定したもの
  • 個人の展覧会または同人活動などで、参加者(出品者)等が限定的で社会性の乏しいもの
  • 過去に後援した事業で、正当な理由なく承諾の際の条件を履行しなかったもの
  • その他後援することが不適当と思われるもの


申請

申請は持参か郵送で受け付けます

 申請に際しては、 (1)行事後援申請書(神戸新聞社指定書式に捺印したもの) (2)返信用封筒(切手を貼付のうえ、宛名を明記してください)を提出してください。

 また、催しの内容や過去の活動状況を示す資料(チラシ、実績報告書、新聞記事など)があれば添付してください。
 申請は催しの実施日の2カ月前を期限とします。 申請期限を過ぎた後も受け付けは可能ですが、紙面掲載などの広報ができない場合があります。

 なお、書類等の提出は持参または郵送に限り、ファクスでは受け付けません。
 初めて後援を受けられる催しについては、 申請書の受け取りまたは申請書提出のいずれかの際に主催者が神戸新聞社に来社のうえ、担当者と面談していただきます。

 申請は末尾に記載してある神戸新聞社地域活動局または支社・総局で受け付けています。 催しの実施場所に応じて、最寄りの総局等にお申し出ください。
 受け付け時間は、原則として月曜~金曜日(祝日・年末年始を除く)の午前10時~午後5時半です。 来社いただく際は、あらかじめ担当者と日時等を調整してください。



承諾

承諾には1~2週間を要します

 申請に際しては、 (1)行事後援申請書(神戸新聞社指定書式に捺印したもの) (2)返信用封筒(切手を貼付のうえ、宛名を明記してください)を提出してください。

 当該申請に対する神戸新聞社の社内審査が終わり次第、「後援名義使用承諾書」を返信用封筒のあて先に送付します。 申請から承諾までは1~2週間ほどかかります。

  申請書類等に不備があった場合、または社内審査の結果、不適当と判断された場合は後援名義の使用を承諾しません。 不承諾が決定したときは、申請者に文書でその旨を通知します。

 後援の承諾を受けられた催しの看板、チラシ、ポスター、パンフレット等には、必ず「後援 神戸新聞社」と明記してください。

 後援が承諾された後に申請内容に変更があった場合は、ただちに文書でその旨を届け出てください。 催しが申請の内容と異なるなどの事実が明らかになった場合は、後援を取り消すことがあります。

天気(12月19日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 7℃
  • -1℃
  • 50%

  • 10℃
  • 2℃
  • 20%

  • 10℃
  • 0℃
  • 20%

お知らせ