エッセー・評論

 たとえば、泣きながら必死にお母さんの方に手を伸ばす子を見て、「子どもにはやっぱりお母さんが一番だね」と言ったり、言われたり、思ったりしたことはないだろうか。でもなぜお母さんが一番なのだろうか。

もらった種とまいた種
イラストレーターWAKKUNこと涌嶋克己

 その日、ボクはあせっていた。

 会う約束の人は昼をすませて待っているだろう…。用事が片づかず、約束に少し遅れそうだから、ゆっくり昼を食べる時間がない。早くすませられる食事は…。

毎日のことこと
高山なおみ

 ちかごろ私は、まだ朝になりきらないうちに目覚めると、カーテンを少しだけ開けて読書を楽しむようになりました。起きぬけのぼんやりした頭で読むのが、なんだか、ちょうどいいのです。体にじかにしみ込むようで。

 両親が死んでもう10年以上経つのだが、今頃になって、思いがけない瞬間、記憶が鮮やかによみがえり、はっとさせられることがある。

 6月、夙川沿いを歩いていると、アジサイがきれいに咲いていた。

カマキラズの斧
貴志祐介

 よく、なぜSNS(会員制交流サイト)をやらないのですかと聞かれる。物書きの場合、新刊のPRなどもできるので、まったく手を出していないのは、かなり珍しい部類だろう。「面倒くさいから」がその答えだ

ごまめの冒険
福田和代

 取材や打ち合わせに出かけられないので、今年のGW(ゴールデンウイーク)はプランター菜園の世話と、ささやかな生け垣の剪定(せんてい)に費やしました。

 レッドロビン(セイヨウベニカナ

 私は普段家で仕事をしているのだけど、日によっては外のカフェに仕事道具を持っていき、そこで作業する。お店は個人経営のカフェや、スターバックスやドトールなどのチェーン店など、その時々の気分によって変えている。

木皿食堂
木皿泉

 箱を見るとつい買ってしまう。古いものでも、新しいものでも、私は吸い寄せられるように近づき、気がつけば手に取っている。

 先日、薬を詰めてあったらしい小さな丸い缶を見つけて欲しくなっ

 日本で新型コロナウイルス感染が確認されて1年が過ぎた。その勢いは止まらない様相だ。

 ちょうど1年前の旧正月(春節)の休みに、家族と一緒に神戸へ帰省した。当初の予定では春節の休みが

 香苗・オルセン。デンマーク在住の糖尿病エキスパート看護師。彼女ほど有言実行のヒトを私は知らない。現在、グリーンランドの診療所に勤務するこの友人とオンラインで繋かることができた。

汀にて
鷲田清一

 言葉にはいろんな顔がある。

 言葉に詰まる、言葉が途切れる、言葉を呑(の)み込むといったことから始まって、聞き漏らしそうなほどに低い声のつぶやきや、おずおずとさわりにくるような言葉

 この連載は自分自身の大学生活を振り返りながら、「大学時代にやってよかったこと」というテーマでスタートしました。読書の効用や恋愛の醍醐味(だいごみ)、書いて削って磨く卒論などについてさまざまなこ

 

天気(7月31日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 24℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ