医療

医療ニュース
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った研究を巡り、国予算の一部打ち切りが取り沙汰されていたこ

「うまくいかないのが当たり前」という気持ちで実験を続けたという万代道子理研副プロジェクトリーダー=神戸市中央区、理研生命機能科学研究センター(撮影・中西幸大)

 「見えない人が、見えるようになれば」。眼科医になりたての頃抱いた思いが、実現に一歩近づいた。

iPS細胞由来網膜シート移植に関する臨床研究について説明する神戸アイセンター病院の(右から)万代道子医師、平見恭彦副院長、栗本康夫病院長=神戸市立医療センター中央市民病院(撮影・後藤亮平)

 神戸市立神戸アイセンター病院(神戸市中央区)が9日までに、健康な人の人工多能性幹細胞(iPS

医療ニュースの一覧

天気(12月13日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ