医療

新着記事

 新型コロナウイルスの感染が広がった2020年、全国の保健所などで実施されたHIV抗体検査は6万8998件と、前年の半数以下に落ち込んだ。検査機会の減少が今後の感染者増加につながる恐れも指摘されている。12月1日の「世界エイズデー」に合わせ、国連合同エイズ計画(UNAIDS)は、新型コロナだけでない「パンデミック(世界的大流行)」に警鐘を鳴らす。…【続きを読む

新着記事
神戸大病院 神戸市中央区楠町7(神戸市営地下鉄大倉山駅から徒歩5分)

◇神戸市中央区楠町7(神戸市営地下鉄大倉山駅から徒歩5分)【院長】真庭謙昌(1990年神戸大学医学部…【続きを読む

新着記事
兵庫県予防医学協会長 石原享介さん

 人生が終わりに近づく時期をどう心豊かに過ごすか。これが、長寿社会においては極めて重要です。…【続きを読む

 【答え】皮膚の下にできる、良性の脂肪の塊は「脂肪腫」と呼ばれます。柔らかくて痛みもなく、どの年齢で …【医師の回答を読む
医療ニュース
一覧
新型コロナウイルスの感染が広がった2020年、全国の保健所などで実施されたHIV抗体検査は6万8998件と、前年の半数以下に落ち込んだ。検査機会の減少が今後の感染者増加につながる恐れも指摘されている。12月1日の「世界エイズデー」に合わせ、国連合同エイズ計画(UNAIDS)は、新型コロナだけでない「パンデミック(世界的大流行)」に警鐘を鳴らす。

 新型コロナウイルスの感染が広がった2020年、全国の保健所などで実施されたHIV抗体検査は6万8998件と、前年の半数以下に落ち込んだ。検査機会の減少が今後の感染者増加につながる恐れも指摘されている。12月1日の「世界エイズデー」に合わせ、国連合同エイズ計画(UNAIDS)は、新型コロナだけでない「パンデミック(世界的大流行)」に警鐘を鳴らす。

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が、国内で初確認されたことを受け、兵庫県や神戸市は監視態勢を強化し、「早期発見に努める」と警戒感を強めている。

 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が、国内で初確認されたことを受け、兵庫県や神戸市は監視態勢を強化し、「早期発見に努める」と警戒感を強めている。

兵庫県は26日、8月に県立がんセンター(明石市)で50代の男性患者に実施した腎がんの手術で、腫瘍を見誤って別の部位を切除したと発表した。男性はこの医療事故の影響で手術の方針が変更され、左の腎臓を全摘出した。

 兵庫県は26日、8月に県立がんセンター(明石市)で50代の男性患者に実施した腎がんの手術で、腫瘍を見誤って別の部位を切除したと発表した。男性はこの医療事故の影響で手術の方針が変更され、左の腎臓を全摘出した。

新ひょうごの医療
一覧
病気ごとに医療の最前線を取材。
診療に役立つ情報をタイムリーに紹介します。

 新型コロナウイルスのPCR検査で陽性が出ても、それだけでは肺炎などの有無は分からない。レントゲンやコンピューター断層撮影(CT)による画像診断は、コロナ治療の方針決定に欠くことのできない重要な診断プロセスだ。急激に、あるいは長期的に炎症が進むケースがあるため、経過観察も油断はできない。神戸大病院(神戸市中央区)で放射線部長を務める村上卓道(たかみち)教授(60)に、コロナ禍の画像診断について聞いた。(霍見真一郎)

ひょうごの医療・画像診断メーン5
ひょうごの病院
一覧
地域の中で特色ある診療を提供したり、救急医療を支えたりしている病院を紹介します。
長寿の作法
一覧
医療や福祉現場で活躍する人々が、健康寿命を延ばす工夫を紹介します。
 

天気(12月8日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 40%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ