教育

教育ニュース
2019年に部活動での体罰が相次いで発覚した兵庫県尼崎市立尼崎高校の改革を巡り、市教育委員会は、主導で新設した二つの校内ポストについて、共に3カ月に満たず廃止した。学校現場や保護者から「混乱と疑念を招いている」などと不満が噴出し、白畑優教育長が「学校自治を侵しかねない不適切なものだった」と謝罪してひとまず収束したが、市議会からも経緯の検証を求める声が上がっている。(竹本拓也)

 2019年に部活動での体罰が相次いで発覚した兵庫県尼崎市立尼崎高校の改革を巡り、市教育委員会は、主導で新設した二つの校内ポストについて、共に3カ月に満たず廃止した。学校現場や保護者から「混乱と疑念を招いている」などと不満が噴出し、白畑優教育長が「学校自治を侵しかねない不適切なものだった」と謝罪してひとまず収束したが、市議会からも経緯の検証を求める声が上がっている。(竹本拓也)

阪神教育
文部科学省が13日公表した2020年度の問題行動・不登校調査で、兵庫県内の公立学校でのいじめ認知件数は1万9980件(前年度比2803件減)と、19年度に次ぎ過去2番目に多かった。特に、心身への被害や長期欠席につながる「重大事態」が前年度比3件増の40件と、最多を更新した。

 文部科学省が13日公表した2020年度の問題行動・不登校調査で、兵庫県内の公立学校でのいじめ認知件数は1万9980件(前年度比2803件減)と、19年度に次ぎ過去2番目に多かった。特に、心身への被害や長期欠席につながる「重大事態」が前年度比3件増の40件と、最多を更新した。

教育
9月に兵庫県姫路市立小学校で発覚した、特別支援学級担任の元教諭(39)=懲戒免職=による児童への暴言・体罰問題は、支援学級の関係者にも大きな衝撃を与えた。子どもの数が減り続ける中で、特別支援学級に通う児童生徒は年々増加。一方で、現場からは人員不足の改善を望む声が上がっており、県教育委員会も1学級の定数を減らすよう国に要望している。(鈴木久仁子、古根川淳也)

 9月に兵庫県姫路市立小学校で発覚した、特別支援学級担任の元教諭(39)=懲戒免職=による児童への暴言・体罰問題は、支援学級の関係者にも大きな衝撃を与えた。子どもの数が減り続ける中で、特別支援学級に通う児童生徒は年々増加。一方で、現場からは人員不足の改善を望む声が上がっており、県教育委員会も1学級の定数を減らすよう国に要望している。(鈴木久仁子、古根川淳也)

教育姫路特別支援学級の体罰
先生の異動
高校受験特集
高校受験特集

ニュース、学校情報など進路の参考に。

週刊まなびー
週刊まなびー

親子で楽しみながら社会の出来事を学ぼう。

教育の最新
もっと見る
 

天気(10月25日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 70%

  • 16℃
  • ---℃
  • 70%

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ