総合 総合 sougou

  • 印刷
外出自粛を呼びかけるスピーカー付きの小型無人機ドローン=生田神社
拡大
外出自粛を呼びかけるスピーカー付きの小型無人機ドローン=生田神社
出歩く人に、不要不急の外出自粛を呼び掛ける警察官ら=17日午後6時17分、神戸市中央区北長狭通1(撮影・後藤亮平)
拡大
出歩く人に、不要不急の外出自粛を呼び掛ける警察官ら=17日午後6時17分、神戸市中央区北長狭通1(撮影・後藤亮平)

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言を受け、兵庫県警は17日夜、神戸・三宮の繁華街で、通行人に外出を控えるよう呼び掛けた。神戸市もスピーカー付きの小型無線機ドローンを三宮上空に飛ばし、「不要不急の外出は控えましょう」と放送。地上と空から協力を促した。

 東門街周辺ではこの日午後6時から、制服姿の警官ら13人が二手に分かれ、買い物客や飲食店に入る人、帰宅中のサラリーマンらに声を掛けて回った。

 県の協力要請を受け、県警がこの日から実施。三宮のほか、福原地区(神戸市兵庫区)や神田新道地区(尼崎市)、魚町地区(姫路市)などの歓楽街でも、同様の声掛けをしていく。

 また神戸市はこの日夕、防災協定を結ぶ専門家の協力を受け、東門街に接する生田神社(神戸市中央区下山手通1)の上空にドローン1機を飛ばした。高さ約40メートルから「兵庫県には緊急事態宣言が出ています。みだりに外出しないようにしましょう」という放送を、一帯に届けた。

 同市危機管理室総務担当の末若雅之課長は「東京や大阪より危機意識が薄い。あらゆる手段で訴えていきたい」と話した。(小谷千穂)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(7月24日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ