社説

  • 印刷

 臨時国会が閉幕した。焦点の「桜を見る会」を巡る疑惑の数々は解消されず、社会保障改革をはじめとする政策論争は深まらなかった。

 国会が行政を監視し、政策を議論する役割を十分に果たしたとは言いがたい。

 特に与党の姿勢である。

 次々に浮上した疑惑を審議する必要があるとして野党が40日間の会期延長を求めたが、これを拒んだ。延長は重要法案の成立に向け審議時間を確保するため与党が申し入れるのが通例で、異例の展開だ。野党が重ねて求めた予算委員会の集中審議開催にも応じなかった。

 首相官邸の顔色をうかがい、政権に分が悪い議論を徹底的に避ける悪弊が定着した感がある。

 一連の問題には「身内優遇」「政治とカネ」「隠蔽(いんぺい)体質」という安倍政権の問題点が凝縮されている。

 税金で賄われる祝宴に安倍晋三首相の後援会関係者が多数招かれていた。後援会向け夕食会の収支は明細もなく不透明だ。招待者名簿が廃棄され、バックアップデータがあるのに復元できない、という釈明の不自然さも疑惑を増幅させている。

 臭い物にふたをしてまで首相を守るのが与党の本分ではない。調査し、問題を指摘し、ただすのが与野党を超えた国会の役割である。

 政権の緩みも露呈した。政治とカネの問題で辞任した菅原一秀前経済産業相と河井克行前法相は、約束した国会での説明責任を果たしていない。首相や自民党は、両氏にきちんとした説明を求めたのか。

 野党に対しては、疑惑追及ばかりで政策論争を妨げたとの批判がある。確かに、一問一答の集中審議を求めながら党首討論の見送りにすんなり同意した判断は疑問が残る。

 だが議論が深まらない最大の要因は、必要なデータを開示せず、質問に正面から答えようとしない首相や政府側にある。

 国内産業への影響が懸念される日米貿易協定は、野党が求めた経済効果の試算などが示されないまま承認され、来月発効する。看板に掲げた全世代型社会保障改革は全体像が明らかになっていない。

 「身の丈」発言で批判を受けた萩生田光一文部科学相は、大学入学共通テストの見直しを審議日程の余裕がない会期末ぎりぎりを狙ったかのようなタイミングで表明した。

 首相は閉会後の記者会見で、自らへの疑惑について多くを語らず、憲法改正を「必ずや私の手で成し遂げたい」と強調した。

 年が替われば忘れてくれると思っているなら、国民をばかにした話である。首相には、引き続き納得のいく説明を求める。

社説の最新
もっと見る

天気(1月29日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 20%

  • 12℃
  • 8℃
  • 60%

  • 14℃
  • 10℃
  • 40%

  • 14℃
  • 10℃
  • 40%

お知らせ