• 印刷
ツキノワグマ(資料写真)
拡大
ツキノワグマ(資料写真)

 20日午後0時20分ごろ、兵庫県芦屋市北部の鷹尾山(通称・城山)の山頂付近で、登山中の男性(32)が「クマ1頭を発見した」と119番した。男性にけがはなかった。芦屋市消防本部によると市内でのクマの出没は珍しいという。

 同本部などによると、体長約1・5メートルのツキノワグマとみられる。男性は1人で登山していた。クマとの遭遇後に急いで下山し、駆け付けた消防隊員が無事を確認した。

 これまでに近隣の宝塚市や三田市でクマの目撃情報があったとして、芦屋市がホームページで注意喚起していた。ただ、情報は数年前の話だった。宝塚市は直近で昨年10月に1件の目撃情報があった。三田市は昨年ゼロ件だったという。

 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 30%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ