• 印刷
兵庫県警察本部=神戸市中央区
拡大
兵庫県警察本部=神戸市中央区

 兵庫県警は22日、県警察学校(兵庫県芦屋市)の寮で未成年の初任科生が飲酒や喫煙をしていたとして、男女47人を2~3カ月間の謹慎処分にしたと発表した。

 県警によると、未成年の飲酒があったのは7月21~24日。18~19歳の33人が最大5人程度のグループで校内の寮のロビーや相部屋などで缶ビールを飲んだという。うち8人は同11~27日に喫煙もしていた。

 未成年者の飲酒量は一口から数本といい、寮内の売店などで成人の生徒が購入して、提供していた。外部からの通報で発覚した。

 同校では4月中旬以降、教官含めて計92人が新型コロナウイルスに感染するクラスター(感染者集団)が発生。校内での飲酒を禁じていたが、感染が収まった7月21日から、成人のみ寮のロビーで飲酒を認めていた。生徒らは「軽い気持ちで飲んでしまった」と話しているという。

 県警は8月17日付で、酒やたばこを提供、容認した成人生徒14人も合わせて処分。内部調査ですぐに報告しなかった生徒らを、より重い謹慎3カ月とした。期間中は校内の清掃活動など奉仕活動に従事させるという。

 生徒らは地方公務員法の条件付き採用期間中で、階級はいずれも巡査。井上一彦副校長は「警察官として不適切な行為で厳正に対処した。指導を徹底し、再発防止に努めたい」としている。

 

天気(5月21日)

  • 22℃
  • 19℃
  • 30%

  • 24℃
  • 15℃
  • 20%

  • 22℃
  • 18℃
  • 50%

  • 22℃
  • 18℃
  • 30%

お知らせ