総合 総合 sougou

  • 印刷
丹波市役所=丹波市氷上町成松
拡大
丹波市役所=丹波市氷上町成松

 兵庫県丹波市は2日、市消防団氷上支団第1分団の40代の男性分団長が、分団運営費約55万円を着服していたと発表した。ギャンブルなどに使ったといい、親族が全額弁済した。市は、男性分団長を11月22日付で懲戒免職とした。

 市によると、男性分団長は9月20日、「専任副団長による会計検査がある」とうそをつき、分団の会計担当者から通帳と印鑑を受け取った。11月1日に、会計担当者が専任副団長に通帳などの所在を確認したところ、男性分団長によるうそが発覚。銀行口座からほぼ全額が引き出されていたことが7日に分かった。

 同分団は、中央小学校区を管轄とし、団員は計70人。分団長には今年4月に自ら立候補して就任したという。着服されたのは半期ごとに団員1人あたり5千円が支給される分団交付金で、通常は慶弔費や慰労費などに使われていた。

 同市消防団では再発防止策として、各支団の専任副団長らが年に1回以上、会計検査を実施する。市は、全額が弁済されていることなどから、刑事告訴はしない。(大田将之)

総合の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ