総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
理研内部に運び込まれたスパコン「富岳」=3日午前、神戸市中央区港島南町7(撮影・鈴木雅之)
拡大
理研内部に運び込まれたスパコン「富岳」=3日午前、神戸市中央区港島南町7(撮影・鈴木雅之)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
京のあった場所に設置される富岳の計算機=3日午前、神戸市中央区港島南町7(撮影・鈴木雅之)
拡大
京のあった場所に設置される富岳の計算機=3日午前、神戸市中央区港島南町7(撮影・鈴木雅之)
計算機は、側面に「スーパーコンピュータ『富岳』初出荷」と書かれたトラックで運搬された=3日午前、神戸市中央区港島南町7(撮影・鈴木雅之)
拡大
計算機は、側面に「スーパーコンピュータ『富岳』初出荷」と書かれたトラックで運搬された=3日午前、神戸市中央区港島南町7(撮影・鈴木雅之)

 8月末にシャットダウンされたスーパーコンピューター「京」の後継機「富岳」の機材搬入が3日、神戸・ポートアイランドの理化学研究所計算科学研究センターで始まった。「富岳」は、世界で初めて毎秒1京回(京は兆の1万倍)の計算速度を達成し、世界ランキング1位を獲得した「京」の最大100倍の性能を目指す。すでに試作機が省エネ性能ランキングで世界一となっており、“日の丸スパコン”新時代の幕開けに関係者の期待が高まっている。

 この日、富岳を構成する計算機約400台のうち6台が搬入された。中央演算処理装置(CPU)が384個入った計算機1台の大きさは、幅約85センチ、奥行き約140センチ、高さ約200センチ。石川県かほく市の工場を2日に出発したトラックが午前9時ごろに到着すると、作業員らは京が撤去された後の場所に慎重に運び入れた。今後は、残りの計算機を来年6月ごろまでに順次搬入し、周辺機器を同10月ごろまでに設置。2021年の運用開始を目指すという。

 松岡聡・同センター長によると、富岳は、京が1年かかった計算を4日で終える高い能力を持つが、最大の特徴は「巨大なスマホ(スマートフォン)」と例えられるほどの汎用性の高さという。富岳用に開発した技術が広く社会で使われることを重視し、世界的に普及する文書作成ソフト「ワード」なども使うことは可能だ。医療や防災、産業、エネルギーなど各分野で成果を上げることが期待されており、人工知能(AI)に対応した機能も意識して取り入れた。

 理研などは11月、富岳の試作機がスパコンの省エネ性能のランキング「グリーン500」で世界1位になったと発表。計算能力の高さだけではないことを強調している。(霍見真一郎)

総合の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ