総合 総合 sougou

  • 印刷
セイコウ・イシカワ駐日ベネズエラ大使の「人と自然をつなぐ田植え式」
拡大
セイコウ・イシカワ駐日ベネズエラ大使の「人と自然をつなぐ田植え式」

 各国外交官がとらえた日本の姿を写真を通じて表現する「にっぽん-大使たちの視線」展が4日、兵庫県国際交流協会交流ギャラリー(神戸市中央区脇浜海岸通1)で始まる。

 実行委員会(名誉総裁・高円宮妃久子さま)が主催。22回を迎える今年は「Reflections on the Heisei Era(平成の輝き)」をテーマに、44カ国62人の外交官とその家族が出展した。在任中、日本の生活に触れ、経験を積んだ外交官ならではの観察力でとらえた作品約90点が並ぶ。

 最高賞の高円宮殿下メモリアル賞には、セイコウ・イシカワ駐日ベネズエラ大使の「人と自然をつなぐ田植え式」が選ばれた。同大使館のウェブサイトによると、山梨県富士吉田市のお田植え祭で撮影したという。

 4日には展覧会ディレクター安部忍さんによるセミナー(午後2時~3時半、事前予約制、定員30人)があり、写真展の見どころや作品について解説する。

 来年1月8日まで(土日・祝日と年末年始は休館)。午前10時半~午後6時半(初日は午後1時開場)。入場無料。同協会海外事業推進課TEL078・230・3262(平日午前9時~午後5時半)

(増井哲夫)

総合の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 0℃
  • 0%

  • 15℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ