総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
光の装飾を見上げる来場者=神戸市中央区加納町6(撮影・斎藤雅志)
拡大
光の装飾を見上げる来場者=神戸市中央区加納町6(撮影・斎藤雅志)

 阪神・淡路大震災の犠牲者を悼み、記憶を継承する「神戸ルミナリエ」(6~15日)を前に、障害者らを招待する「ハートフルデー」が4日夜、神戸市中央区の東遊園地で開かれ、車いす利用者や高齢者ら約1万4500人が訪れた。

 混雑する会期中を避け、ゆっくり楽しんでもらおうと、1999年から続く。

 午後6時半、高さ約21メートルのドーム型作品「パルコ」などが点灯し、赤や青、緑といった色とりどりの光がともると、来場者から拍手と歓声が湧き起こった。

 神戸市西区の介護付き有料老人ホームに入居する女性(96)は、兵庫県明石市人丸町で被災。当時の記憶は今も鮮明に残っている。ルミナリエは数年ぶり。「とても明るくてびっくり。震災を知らない世代に記憶をつなげるため、ずっと続けてほしい」と話した。

 震災の年に生まれた女性(24)=同県姫路市=は、脳性まひで手足が不自由なため車いすで訪れた。小学生のころ、人と防災未来センター(神戸市中央区)で震災について学んだといい「災害はいつ起こるか分からない。これからも阪神・淡路の教訓を学んでいきたい」と話した。

 ルミナリエの点灯式は6日午後5時45分から。神戸市イベント案内・申込センターTEL078・333・3372

(村上晃宏)

総合の最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 30℃
  • 23℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ