総合 総合 sougou

  • 印刷
阪神・淡路大震災当時の状況を来場者に説明する舞子高校環境防災科の生徒=6日夜、神戸市中央区加納町6、東遊園地(撮影・後藤亮平)
拡大
阪神・淡路大震災当時の状況を来場者に説明する舞子高校環境防災科の生徒=6日夜、神戸市中央区加納町6、東遊園地(撮影・後藤亮平)
冬の夜空の下、開幕した「神戸ルミナリエ」=6日夜、神戸市中央区(撮影・吉田敦史)
拡大
冬の夜空の下、開幕した「神戸ルミナリエ」=6日夜、神戸市中央区(撮影・吉田敦史)

 私たちに語れることがある-。阪神・淡路大震災で亡くなった人を悼み、記憶を継承する光の祭典「第25回ルミナリエ」で、震災を知らない若者が運営する「語り部ブース」が6日、会場の東遊園地(神戸市中央区)に初めて開設された。防災を専門的に学ぶ舞子高校環境防災科の生徒は、歴代卒業生が聞き取った被災者の体験談や被災後の市街地の写真をパネル展示。震災の記憶を受け継ぎ、伝えていく意味と向き合った。(竹本拓也、金 旻革)

 語り部ブースは、NPO法人「阪神淡路大震災1・17希望の灯(あか)り(HANDS)」が神戸ルミナリエ組織委員会と協力し、震災の犠牲者を追悼するガス灯「1・17希望の灯り」前のテントに設けた。

 「息もしづらいほどのガスの臭い。アスファルトはめくりあがり、車で走るのも困難」

 2002年4月にスタートした同高環境防災科の生徒たちは代々、自分自身や家族の震災体験を卒業文集「語り継ぐ」としてまとめてきた。1期生は震災当時小学2年生。震災後生まれのここ5年ほどの卒業生は、体験者からの聞き取りをもとに文集を紡いできた。

 この日のブースには、同高1~3年生6人が集まった。歴代の卒業生がまとめた文集から、被災者が震災の恐ろしさや伝えることの大切さを語った部分を抜粋。さらにがれきの街と化した三宮の写真などと共に計32枚のパネルを掲示した。

 聞き取りから導いた教訓にも触れる。「いくら技術で地震を防ごうとしても、人の気持ちがしっかりしていなければ同じような被害が繰り返される。これが本当の災害の怖さ」。震災体験の有無にかかわらず、多くの世代が足を止め、展示に見入った。ブース開設の理由を尋ねたり、寒さを気遣って携帯用カイロを手渡してくれたりする人もいた。

 3年生の糴川尚(せりかわなお)君(17)は、被災者の話に耳を傾けるたび「防災は一人でも悲しむ人を減らすためにある。学ぶ者は防災を伝えないといけないし、そのためには自分の言葉で語る必要がある」と思うようになった。「3年間防災を学んできたが、これほど多くの人と震災を語らう場はなかった。未完成かもしれないが、僕らよりも若い世代に伝えていきたい」と話す。

 親子で訪れた大阪市立豊新小学校4年の菅彩愛(あやめ)さん(10)は「今のきれいな街と比べて震災の時は大変な状況だったと知った。地震が起きたら、助け合うことを大事にしたい」。建設会社経営の父龍造さん(55)は「若い感性で震災を語り継ぐことは大切なこと」とエールを送った。

 この日は神戸国際中・高校の生徒35人もブース運営を手伝った。舞子高校や関西学院大、神戸市立神港橘高校、県内の大学生らでつくる「117KOBEぼうさい委員会」も参加する。

総合の最新
もっと見る

天気(1月30日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 40%

  • 9℃
  • 6℃
  • 90%

  • 13℃
  • 7℃
  • 30%

  • 12℃
  • 6℃
  • 50%

お知らせ