総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
げたを履いて「大阪マラソン」を4時間切り。作務衣には地元明石で応援してくれる仲間の店舗名がたくさん入っていた=大阪市(福浪弘和さん提供)
拡大
げたを履いて「大阪マラソン」を4時間切り。作務衣には地元明石で応援してくれる仲間の店舗名がたくさん入っていた=大阪市(福浪弘和さん提供)
ギネス世界記録の認定証と、レース当日に使ったげたを持つ福浪さん=明石市
拡大
ギネス世界記録の認定証と、レース当日に使ったげたを持つ福浪さん=明石市

 げたで走る兵庫県明石市の板前ランナーが、今月1日にあった「大阪マラソン」でギネス世界記録に挑み、見事に達成してみせた。タイムは3時間58分43秒で、3年前の同マラソンで愛媛県の男性が出したギネス記録(5時間35分31秒)を大幅に塗り替えた。「誰もが絶対無理と思うことをやってみたい」。応援してくれる地元明石への思いが詰まった作務衣(さむえ)に身を包み、33歳の誕生日と重なったレースで会心の結果を残した。(霍見真一郎)

 明石市の福浪弘和さん。アニメなどのコスプレ姿でマラソン大会に参加するうちに、丸刈りを生かした「一休さん」を思いつき、2018年2月からげたで走るようになった。

 げたで初めて出場した大会では足の裏に水ぶくれができるなどし、完走はしたものの記録は制限時間ぎりぎりの6時間45分。だが、意欲を失うことはなかった。日常生活でも常にげたを履いて足を慣らし、タイムを上げてきた。

 そして走り込むことほぼ1年。今年3月のとくしまマラソンで3時間49分を出して自信を深め、大阪マラソンでのギネス挑戦を決めた。

 申請には100万円以上かかる上、認定にはスタートからゴールまで全てを見届ける伴走者や録画データも必要になる。カメラ撮影を続けながら、福浪さんのペースに合わせて走れるランナーを探すのに苦労したが、会員制交流サイト(SNS)などでも呼び掛け、レース1週間前に4人の協力者がそろった。

 挑戦が神戸新聞の6月14日付夕刊で報じられると、明石で声を掛けられることが格段に増えたという。日頃支えてもらっている地元の仲間に感謝を伝えようと、“勝負ウエア”の作務衣には勤め先の和食店やげたを買う履物店、鮮魚店や青果店など20店ほどの名前を刺しゅうした。

 多くの人の協力を受けた挑戦だけに重圧もあり、大会前夜はほとんど眠れなかった。しかし、当日は快晴。沿道の声援も力強かった。途中、カメラのバッテリー交換で3回立ち止まるなど思わぬタイムロスはあったが、それを除けばペースは快調。最後はラストスパートで「サブフォー(4時間切り)」を成し遂げた。

 福浪さんは「何かを達成するということがこれまでの人生でなかった。感無量。カランコロンという音など、げたで走る爽快感を広く伝えていきたい」と笑顔で話した。

総合の最新