総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
出荷作業が大詰めを迎えているクリスマスリース=神戸市須磨区弥栄台3
拡大
出荷作業が大詰めを迎えているクリスマスリース=神戸市須磨区弥栄台3

 国内では神戸が発祥とされるクリスマスの装飾品作りが、大詰めとなっている。クリスマス用品の生産・輸入会社「大前」(神戸市須磨区弥栄台3)では手作りのリース作りに大忙し。聖夜を前に、出荷作業が最終盤を迎えている。(鈴木雅之)

 神戸港の開港を機に装飾品の生産が始まり、大正時代には米国向けの輸出産業に発展した。最盛期には関連会社が数百社あったが、1970年代以降に減少。「大前」によると現在、神戸でリース生産を手掛けているのは同社のみという。

 家庭向けの直径20~50センチのリースは既に約2万個を出荷。雪化粧した松ぼっくりやリンゴ風のボールなどを手作業で一つ一つ飾り付け、箱詰めする作業が続く。同社の大前貴司・専務取締役(36)は「手作りのリースと一緒に、いいクリスマスを迎えてくれたら」と話す。同社TEL078・795・5003(土日祝日は休み)

総合の最新
もっと見る

天気(8月8日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 30%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ