総合 総合 sougou

  • 印刷
姫路城天守のお膝元に立地する姫路市立動物園。アジアゾウの「姫子」は市民の人気者だ=姫路市本町(撮影・小林良多)
拡大
姫路城天守のお膝元に立地する姫路市立動物園。アジアゾウの「姫子」は市民の人気者だ=姫路市本町(撮影・小林良多)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 世界文化遺産・国宝姫路城の天守に隣接する姫路市立動物園(兵庫県姫路市本町)の移転協議が、本格的に動きだそうとしている。国の史跡でも特に価値の高い「特別史跡」の中に位置するため、施設の改修などで制約が多く、長年懸案となってきた。移転先の選定が進まず延び延びになっていたが、一帯を動物園のない時代の姿に復元する計画があることから、市は2020年度にも方向性を打ち出す方針。全国でも珍しい「お城の動物園」が岐路に立っている。(小川 晶)

 姫路市立動物園は1951年、姫路城天守の南東側に開業した。約3ヘクタールの敷地にゾウの「姫子」など102種(19年4月時点)を飼育し、14~18年度の平均入園者数は約48万人。日本動物園水族館協会の佐藤哲也・生物多様性委員会委員長は「同規模の施設と比べても2倍の人が訪れている」と集客力の高さを認める。

 日本屈指の観光地である姫路城に近接するのが大きな要因だが、一方で、その立地が園の存続を揺るがす要素にもなってきた。56年、園を含む一帯が文化財保護法に基づく特別史跡に指定されると、施設整備などに厳しい制約がかかった。

 担当者は「獣舎の補修はもちろん、くい打ちや植栽の移設ですらも国の許可が要る」と説明する。地下に重要な遺構が埋まっているためだ。18年12月~19年2月の舗装工事に伴う簡易な発掘調査でも石積みなどの痕跡が確認されたという。

 移転が市政課題として持ち上がったのは30年以上前の86年。姫路城跡整備基本構想で「動物園の移転を図る」と初めて明記された。その後、周辺を往時の姿に復元する構想が固まった。

 80~90年代には市立水族館(同市西延末)と統合した新施設を臨海部に建設する計画も浮上した。だがバブル崩壊で頓挫すると移転協議も停滞。適当な移転先が見当たらず、市民らが反発する懸念もあったという。

 再び大きく動きだしたのは今年8月。市が城跡の保存活用計画の策定に向け、有識者らの懇話会を設置し、動物園について議論する専門部会も発足。その中で「特別史跡の制約で施設の整備が難しい」「施設の老朽化が進み、動物福祉の観点では望ましい飼育環境ではない」などの理由から、改めて移転の必要性が強調された。

 4月に初当選した清元秀泰市長も12月市議会で、懇話会の意向などを踏まえ、20年度中に一定の方向性を出すと明言。取材に対し、園の意義や市民の愛着を認めた上で、ペンギンなど水生動物を水族館に移すなどの私案を明かした。

 文化庁などによると、城跡の動物園は和歌山城公園動物園(和歌山市)など全国でも数例にとどまり、「特別史跡に限れば姫路が唯一だろう」とする。

 市の担当者は「施設の現状や動物福祉への意識の高まりを考えると、移転が最も現実的」と説明。今後は、規模を縮小した上での移転など、これまで検討してこなかった選択肢も含めて模索するという。

総合の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 20℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 22℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ