総合 総合 sougou

  • 印刷
宝塚大准教授 上山直美さん
拡大
宝塚大准教授 上山直美さん

 夫の転勤などで家族や友人がいない地域に移り、子育てをするのは、とても心細いもの。そんなとき頼りになるのがママ友やパパ友です。でも、どうしたら仲良くなれるのでしょうか。父親向け育児支援セミナーで講師を務める宝塚大准教授の上山直美さん(48)=母性看護学=に聞きました。

 -ママ友、パパ友がいない世帯が多いようです。

 「核家族で親と離れ、共働きで、職場では家庭の話はタブー、疑問はスマートフォンで検索して解決。そんな家庭が増えているようです。同じ悩みを共有できるパパ友・ママ友は子育ての心強い味方になります」

 -知り合う方法は?

 「まずは自治体の子育て支援窓口に行ってみてください。子育てイベントのチラシを配布しているので、自分に合う地域の催しに参加することをお勧めします。自治体の広報誌にもかなり細かく載っています」

 「外で遊べる月齢になれば、公園や子育て広場など、子どもが集まる場所に行くのもいいでしょう。いろんな人から声を掛けられますよ。『子育てに役立ちたい』と思っている地域の方々って結構多いんです」

 -お付き合いのこつは。

 「年齢や肩書を横に置いて、純粋に子どもを中心にお付き合いすることです。パパ友・ママ友がほしいという人は子育てに熱心な人が多いですが、自分の体裁を気にしすぎると、うまくいきません」

 「私自身、ママ友グループになじめなかったこともありました。幼稚園や保育園だったら『期間限定のこと』という割り切りも大事。地域には、自分に合ったグループがあるはずです」

 -積極性が必要ですね。

 「ママ友・パパ友づくりの第一歩は夫婦仲が良いこと。心に余裕がないと、新しい友達をつくる意欲が湧きません。夫婦関係が良ければ、同じ境遇のパパ・ママを見かけたとき、自然と声を掛けられます」

 -講師を務める子育てセミナーではどんな話を。

 「ママはパパの育児に対し『子どもはあやすけど、世話はしない』との不満が強いようです。だから料理や子どもの生活習慣などを伝えるようにしています」(聞き手・井上 駿)

【うえやま・なおみ】鹿児島市出身、神戸市灘区在住。神戸大大学院修了。同市須磨区などで父親向け育児支援セミナー講師を務める。

総合の最新
もっと見る

天気(2月23日)

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 5℃
  • 40%

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ