総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県の井戸敏三知事
拡大
兵庫県の井戸敏三知事

 兵庫県の井戸敏三知事は7日の定例記者会見で、関西経済連合会の松本正義会長が関西、大阪(伊丹)、神戸の各空港の役割分担を話し合う「関西3空港懇談会」を今春にも開催する考えを示していることについて、「神戸空港の規制の弾力化をもっと進めていかないといけない」とし、さらなる増便と運用時間延長を求めていく考えを述べた。

 19年5月に開かれた3空港懇で、神戸空港の発着回数を1日60便から80便とし、運用時間を午後11時まで延長することが決まった。井戸知事は「前回の規制緩和の範囲をほとんど使い切ってしまった」と指摘し、次回会合で新たな緩和措置を求めていくと明言した。

 さらに「オリンピックやパラリンピックの訪日客を、東京と成田、関空の3空港だけでさばけるのか」と問題提起。「神戸空港の臨時活用や発着回数の拡大、国際化も積極的な検討が必要」との見方を示した。

 一方、空港設備やアクセス強化などの課題については「まずは当事者の神戸市が主体的に考えてほしい。関西エアポートとどんな展開が望ましいのか明確にし、県がどんな協力ができるかという手順だ」とした。(前川茂之)

総合の最新
もっと見る

天気(7月5日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 30%

  • 28℃
  • 23℃
  • 60%

  • 27℃
  • 23℃
  • 60%

お知らせ