総合 総合 sougou

  • 印刷
ビルの解体現場前を、口を押さえて通る市民。街中は粉塵がいっぱい=1995年2月2日、神戸市中央区三宮町
拡大
ビルの解体現場前を、口を押さえて通る市民。街中は粉塵がいっぱい=1995年2月2日、神戸市中央区三宮町

 阪神・淡路の復旧作業などに携わった人の石綿被害では、少なくとも5人が労災や公務災害の認定を受け、1人の遺族が認定を求めている。約1カ月の被災地活動で発症が認定されたことを受け、専門家は「ボランティアや通勤通学で街を歩いた市民にも危険性がある」と警鐘を鳴らす。

 熊本学園大の中地重晴教授らの調査では、神戸市東灘区の解体現場近くで95年2月、大気1リットル当たり約160~250本の石綿繊維を確認。住宅・商業地区の平均濃度0・15本を大幅に上回っていた。

 石綿関連疾患に詳しいひらの亀戸ひまわり診療所(東京)の名取雄司医師は、元警察官の認定を「被災地での被害救済の幅を広げる意義がある」と評価。「大震災では街じゅうが建物解体現場のようになり、大量の石綿が出るので、防じんマスクを備えてほしい。解体などで飛散させないための法整備も急がれる」と指摘する。(小林伸哉)

総合の最新
もっと見る

天気(8月8日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 30%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ