総合 総合 sougou

  • 印刷
ツヤアオカメムシ(兵庫医科大学皮膚科学 夏秋優准教授提供)
拡大
ツヤアオカメムシ(兵庫医科大学皮膚科学 夏秋優准教授提供)
カメムシの臭い分泌液が付いて皮膚炎が起こった首の付け根部分。数日たち茶色い跡が残った
拡大
カメムシの臭い分泌液が付いて皮膚炎が起こった首の付け根部分。数日たち茶色い跡が残った
兵庫医科大学皮膚科学の夏秋優准教授(兵庫医科大学提供)
拡大
兵庫医科大学皮膚科学の夏秋優准教授(兵庫医科大学提供)

 忌まわしい緑のあいつ-。外出先でくっついてきたり、干していた洗濯物に潜んでいたり。寒くなると、音も無く忍び寄って悪臭を放つ。そう、やつはカメムシ。厄介者を見つけたらすぐに追い払いたいところだが、用心しないと逆襲を食らうかもしれない。以下は、記者の被害レポートである。

 12月下旬、不幸は突然やってきた。

 早朝、神戸市中央区の海沿いで取材中、襟足あたりに突然違和感が。軽いやけどにも似たヒリヒリ感。「虫か?」と周りを見渡したが、それらしきものはいない。間もなく、覚えのある激臭。「くさっ!」。上着を脱ぐと、体長1センチほどのカメムシが出てきた。悪臭源はこいつか。会社に戻って、鏡に映すと、首の付け根あたりに、五円玉ほどの大きさほどに赤茶色に腫れていた。

 あの痛みは何だったのか。虫による皮膚病に詳しい、兵庫医科大学(兵庫県西宮市)皮膚科学の夏秋優准教授に聞いた。「Dr.夏秋の臨床図鑑 虫と皮膚炎」の著者でもある。

 カメムシは外敵から身を守るため、脚の付け根にある「臭腺」から臭いを分泌する。この分泌物には「アルデヒド」と呼ばれる成分が含まれ、生き物にとって有害なのだ。付着するのが少量なら臭いだけで済むが、服の中にカメムシが入ってしまったり、素足で踏んづけたりすると、高濃度のアルデヒドが皮膚に付着し、炎症を起こすという。記者の場合、今も茶色い跡が残る。

 不幸な事態が生じたら、どうすればいいのか。

 「すぐに石けんなどで洗い流してほしい」と夏秋准教授。ただ知らない間に付いてしまうこともあり、すぐに対応できるとは限らない。カメムシはこの時期越冬するために室内に潜り込み、服やくつの中で息を潜めていることもある。「カメムシが隠れていないか確認することが一番の対策」(夏秋准教授)という。

 自らを守るためとはいえ、やっかいなカメムシの最後っ屁。被害に遭わないにためには、ほどよい距離感が必要なのかもしれない。(秋山亮太)

総合の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ