総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
開門と同時に勢いよくスタートする参加者たち=10日午前6時、西宮市社家町、西宮神社
拡大
開門と同時に勢いよくスタートする参加者たち=10日午前6時、西宮市社家町、西宮神社
令和初の一番福となった黒木悠輔さん(中央)と二番福の藤本陽紀さん(右)、三番福の川畑陽平さん(左)=10日午前6時すぎ、西宮市社家町、西宮神社
拡大
令和初の一番福となった黒木悠輔さん(中央)と二番福の藤本陽紀さん(右)、三番福の川畑陽平さん(左)=10日午前6時すぎ、西宮市社家町、西宮神社
福男を目指し境内を疾走する参加者ら=10日午前6時すぎ、西宮市社家町、西宮神社
拡大
福男を目指し境内を疾走する参加者ら=10日午前6時すぎ、西宮市社家町、西宮神社
福男を目指し境内を疾走する参加者ら=10日午前6時すぎ、西宮市社家町、西宮神社
拡大
福男を目指し境内を疾走する参加者ら=10日午前6時すぎ、西宮市社家町、西宮神社
開門神事福男選びに参加するため列をつくる人たち=10日未明、西宮市社家町、西宮神社
拡大
開門神事福男選びに参加するため列をつくる人たち=10日未明、西宮市社家町、西宮神社

 商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社、兵庫県西宮市社家町の西宮神社で10日早朝、参拝一番乗りを目指して境内を駆ける「開門神事福男選び」があった。約5千人の中から、堺市に住む大阪府立藤井寺工科高校保健体育科教諭、黒木悠輔さん(33)が先頭で拝殿に駆け込み、令和で初めての「一番福」に輝いた。

 江戸時代に始まったとされる伝統行事で、毎年「十日えびす」の本えびすを迎える10日に催される。参加者は9日夜から南門に集まり、くじ引きで前列に並べる約260人が決まった。

 夜明け前の午前6時。「開門」の掛け声で朱色の門が開き、参加者は約230メートルの参道を疾走。本殿では神職が、到着順に一~三番福の3人を抱きかかえた。

 一番福を手にした黒木さんは13回目の福男神事。12年間くじに外れ続けたが諦めなかった。「生徒には挑戦しないと何も始まらないと伝えたい」と満足げな表情を見せた。二番福は西宮市の市立西宮高校1年で陸上競技部の藤本陽紀さん(15)、三番福は川崎市の無職川畑陽平さん(27)だった。(名倉あかり)

総合の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ