総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
遠隔診療の実演で、医師が処方した薬を患者の元に届けるドローン=兵庫県上郡町光都2(撮影・小林良多)
拡大
遠隔診療の実演で、医師が処方した薬を患者の元に届けるドローン=兵庫県上郡町光都2(撮影・小林良多)
測量に基づき自動的に設定されたドローンの飛行ルートを示すタブレット端末=姫路市夢前町宮置(撮影・小林良多)
拡大
測量に基づき自動的に設定されたドローンの飛行ルートを示すタブレット端末=姫路市夢前町宮置(撮影・小林良多)
田畑への薬剤散布などを想定して開発された農業用ドローン=姫路市夢前町宮置(撮影・小林良多)
拡大
田畑への薬剤散布などを想定して開発された農業用ドローン=姫路市夢前町宮置(撮影・小林良多)

 空撮や物品輸送を中心にさまざまな用途への応用が始まっている小型無人機ドローン。とりわけ、過疎と人口減少に直面する中山間地域では、近未来の暮らしや産業を支える技術基盤として期待が集まる。姫路・西播磨では、需要を見越して複数のドローン操縦者養成校が開校。医師不足を補う遠隔医療や、生産を効率化するスマート農業への活用に向けた実証実験なども活発化している。(勝浦美香、井沢泰斗)

 昨年12月6日、兵庫県たつの市や兵庫県上郡、佐用町にまたがる播磨科学公園都市で、1機のドローンが上空へと浮上した。運ぶのは医薬品。1分後、300メートル離れた場所にいる患者役の男性の元に届けられた。

 未来の街の姿をイメージするイベントで行われた遠隔医療の実演だ。診察はモニターを通じて行い、ドローンが処方された薬を搬送する。参加した県立西播磨総合リハビリテーションセンター(たつの市)の加藤順一所長(62)は「医療現場の負担軽減につながる上、災害時の対応も効率化できるはず」と話す。

 3日後には、姫路市夢前町の農業法人「夢前夢工房」のタマネギ畑に四つのプロペラを付けた縦1・4メートル、横1・8メートルのドローンが登場した。ベンチャー企業「ナイルワークス」(東京)が農業用に開発した機種で、市の仲介により同法人の土地でデモンストレーションが行われた。

 機体は測量に基づいて事前に設定されたルートに従い、地面から数十センチの高さを自動飛行。農薬に模した水を霧状にまきながら、備え付けのカメラで同時に生育状態を把握する。

 見学した同法人の衣笠愛之(よしゆき)代表(58)は「新しい農業の形を目にして感動した。経験値の必要な作業を技術でカバーできるのは素晴らしい」と手応えを口にした。

 各分野にドローン技術を提供する「旭テクノロジー」(姫路市)は2017年4月、姫路市に操縦士養成校を開校した。ドローンを使った新規事業開拓を目指して社員を入校させる法人が増えており、同年9月には佐用町の旧小学校跡地にも養成校が開かれた。

 技術は進化し、運送用ドローンは30キロの重さの物でも運べるように。同社の井上貴博さん(33)は「日本はまだ法律による規制が厳しい」と指摘しつつ、「荷物の運送や農薬の散布、人命救助、野生動物の監視など、中山間地域におけるドローン活用の可能性は計り知れない」としている。

総合の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ