総合 総合 sougou

  • 印刷
マニアックな「本を嗅ぐ会」に源氏香のような雅な遊び要素が加わるかも?(airpebble/stock.adobe.com)
拡大
マニアックな「本を嗅ぐ会」に源氏香のような雅な遊び要素が加わるかも?(airpebble/stock.adobe.com)
本を嗅ぐイベント参加者たち=2019年12月6日、かまくら駅前蔵書室(樋渡茉佑子さん提供)
拡大
本を嗅ぐイベント参加者たち=2019年12月6日、かまくら駅前蔵書室(樋渡茉佑子さん提供)
「本を嗅ぐ会」を開催した樋渡茉佑子さん
拡大
「本を嗅ぐ会」を開催した樋渡茉佑子さん

 本の匂いをただ嗅ぐという謎めいたイベントの存在と主催者の熱い思いを報じたところ、読書家や出版関係者などから反響が寄せられた。その中で目を引いたのは、<源氏香のような遊び要素がくわえられるのでは>という雅な着眼点だった。(ネクスト編集部 金井かおる)

■匂いでタイトルを当てる

 <源氏香のように数冊の本を組み合わせて、それぞれの題名を当てれば勝ち、と遊び要素も加えるとか>と投稿したのは創元社(大阪市中央区)のベテラン編集者山口泰生さん(54)。ちなみに同社が出版した「戦闘技術の歴史(2)」は、「本を嗅ぐ会」主催者が「極上の匂い本」と絶賛している。

 記事公開の2019年12月26日、山口さんはツイッターを更新し、香道をアレンジした楽しみ方を提案した。もともと歴史学が好きで、過去に香道の本を編集した経験から、思いついたという。源氏香とは、室町時代に成立した香道の中でも代表的なお香の遊び。5種の香りを選び、その中から任意で選んだ香りを焚き、匂いの違いを当てるものだ。

 ー源氏香をアレンジ?

 「まずは持ち寄った本の匂いを嗅いで、本のタイトルと匂いを記憶します。次にタイトルを隠し、匂いだけでタイトルを当てます。まずは1冊で練習し、慣れてきたら、2~3冊セットにして、香りの組み合わせでも遊べます」

 ー参加人数は?

 「少人数がいいでしょうね。4~5人、それこそ鎌倉の『本を嗅ぐ会』の写真に写っていた6人ぐらいの規模がちょうどいいです。香道の世界では、香りは『嗅ぐ』ものではなく『聞く』もの。会の名称も『香りを聞く』と言ってはどうでしょうか」

■主催者の反応は

 山口さんの提案を「本を嗅ぐ会」主催者の樋渡(ひわたり)茉佑子さん(25)に伝えたところ、「面白そうです!」と好感触。「匂いの感じ方は本当に人それぞれですし、タイトルによって感じるものが変わったりしそうですね。やってみたいです。新刊本で出版社当てゲームもできそうです」と次回イベントへのイメージも膨らみます。

 「聞く」という言いまわしについては、「本の匂いを嗅ぎたい、というのは私の中の本能に近い欲求でしたが、確かに『聞く』の方がおしゃれですし、字面の上だけでもあやしさは薄れますね」

 弊社記事の公開後、関係者から「新刊が刷り上がったら、まずは匂いを嗅ぎます」「担当した本が届いた時の紙の匂いはたまらないですよ」といった「実は私も」的な声が寄せられ、意を強くした樋渡さん。「本をなりわいとされる方々がどう思われるか心配でしたが、嗅ぎ続けて良かったと思います。これからも本を愛する者として節度を持って嗅ぎ続けます」。

 初回の開催は鎌倉だったが、関西開催を熱望する声も。「店頭で嗅いでもいいよ、というお心の広い書店さんや出版社さんがいらっしゃれば」。関西の書店や出版社さん、出番ですよ!

総合の最新
もっと見る

天気(8月8日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 30%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ