総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
予想を上回る来場者でにぎわう姫路競馬場=姫路市広峰2(撮影・小林良多)
拡大
予想を上回る来場者でにぎわう姫路競馬場=姫路市広峰2(撮影・小林良多)

 経営悪化で一時は存続が危ぶまれた姫路競馬場(兵庫県姫路市広峰2)で15日、7年半ぶりにレースが再開された。競馬ファンら約3千人が訪れ、コースを駆け抜けるサラブレッドの姿に歓声を上げた。

 戦後の経済復興を目的に同市と尼崎市、兵庫県で構成する県競馬組合が1949年にオープン。集客低迷と場内に調節池を設ける10年がかりの洪水対策工事が重なり、2012年8月を最後にレースを休止していた。

 同組合は14年度までの5年間の収支で、園田競馬場(同県尼崎市)を含む競馬事業の存廃を検討。この間、インターネット投票の普及で収支が大幅に改善し、工事を終えた姫路競馬場の再開にこぎ着けた。

 この日は待ちわびたファンらが午前10時の開場前から長い列を作り、改修を終えたスタンドから計12レースを観戦した。今年の開催は2月6日までの平日12日間のみ。1月30日には重賞競走「神戸新聞杯第49回白鷺賞」が行われる。(井上太郎)

総合の最新
もっと見る

天気(9月29日)

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 26℃
  • 14℃
  • 10%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 27℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ