総合 総合 sougou

  • 印刷
震災の火災で亡くなった林譲弥さんの救助活動以来、25年ぶりに再会した長男幸弘さん(左)と菅利秋さん=17日午前8時25分、神戸市長田区日吉町5(撮影・後藤亮平)
拡大
震災の火災で亡くなった林譲弥さんの救助活動以来、25年ぶりに再会した長男幸弘さん(左)と菅利秋さん=17日午前8時25分、神戸市長田区日吉町5(撮影・後藤亮平)

 「あの時の…」「元気やったか」。感極まり、互いにそれ以上言葉が継げなかった。倒壊し火災が迫る家屋で、下敷きになった父を助けようとする長男と、手伝っていたが危険を察知し、現場から連れて避難させた自治会長。神戸市長田区日吉町5のポケットパークでの慰霊祭でこの日、25年ぶりの再会を果たした。

 父の林譲弥(じょうや)さん=当時(57)=を亡くしたのは、同区平和台町の会社員、幸弘さん(56)。現場で父の救助活動を手伝ってくれたのが、自治会長の菅利秋さん(75)だった。

 25年前の地震発生後、同市灘区に住んでいた幸弘さんは、父と母絹江さん(83)、妹の和代さん(51)の3人が暮らす実家まで歩いて向かった。木造2階建ての長屋の実家は1階部分が倒壊。母と妹は助け出されたが、下敷きになった父は動けずにいた。

 「助けるからな。待っとけ!」。がれきをどけ始めた幸弘さんに、近くに住んでいた菅さんが加わった。木材でがれきを除こうとするが、進まない。近くで火の手が上がり、気がつくと煙と熱に包まれていた。

 「あかん、もう逃げてくれ」という譲弥さんの声。「もう危ない。行こう」。泣き叫ぶ幸弘さんを、菅さんは羽交い締めにして倒壊家屋から引きずり下ろした。その後父は、焼け跡から見つかった。

 「怒られた記憶がないくらい優しい父。一緒に酒を飲みたかった」と幸弘さん。震災後に結婚し、双子の息子は高校3年になった。今年12月、幸弘さんは亡くなった父と同い年となる。

 2人とも毎年慰霊祭に出ていたが、互いに気付かなかったという。この日、同じ神戸新聞記者から取材を受けたことがきっかけで再会。「震災で失ったものも大きいが、生まれた絆もある」と菅さん。2人は「不思議な縁。また、ここで会おう」と笑顔で誓い合った。(井上 駿)

総合の最新
もっと見る

天気(2月18日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 40%

  • 5℃
  • ---℃
  • 90%

  • 9℃
  • ---℃
  • 30%

  • 7℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ