総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸コレクションの会場になるスカイマークの格納庫=神戸空港(提供)
拡大
神戸コレクションの会場になるスカイマークの格納庫=神戸空港(提供)

 ファッション都市・神戸から最新の装いを発信する「神戸コレクション」が4月11、12日、神戸空港のスカイマーク格納庫を舞台に実施される。神戸市が22日発表した。航空機格納庫でのファッションイベントの開催は珍しいという。

 阪神・淡路大震災で傷ついたまちを元気づけるため、2002年に始まった。当初の会場は神戸市東灘区の神戸ファッションマートで、08年以降は収容人数の多い神戸・ポートアイランドのワールド記念ホールに移っていた。今回は同ホールが改修工事で使えないため、別会場を探していた。

 航空機の離着陸などを眺められる格納庫は、観客にユニークな体験を味わってもらえると考えて選んだ。これまでは1日のみの開催で約1万3千人を集めてきたが、会場の収容力が落ちるため開催日数を2日に増やし、計8千人の集客を目指す。ファッションショーにとどまらず、音楽ステージや特設フードコートなどで幅広く楽しめるようにする。

 料金は一般立ち見席で前売り7700円。主催団体の担当者は「兵庫県外からも足を運んでもらえたら」と期待を示している。(長尾亮太)

総合の最新
もっと見る

天気(2月18日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 40%

  • 5℃
  • ---℃
  • 90%

  • 9℃
  • ---℃
  • 30%

  • 7℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ