総合 総合 sougou

  • 印刷
「シネマ・スタジアム」担当の宮本稜=サンテレビ「シネマ・スタジアム」
拡大
「シネマ・スタジアム」担当の宮本稜=サンテレビ「シネマ・スタジアム」

 サンテレビは、毎週木曜日午後7時30分(中止もあり)から「シネマ・スタジアム」で映画を放送している。その作品選びに日々、奮闘しているのが、編成部員の宮本稜だ。彼は入社してすぐEPG(電子番組表)とラテ(新聞の番組表)の作成、「シネマ・スタジアム」の作品選びを担当することになった。

 放送する作品は、基本的に映画の権利を持っている会社から送られてくるリストを基に選ぶ。午後7時30分からなので、家族みんなで見られる作品や、ながら視聴でも楽しめるアクション映画やコミカルな映画が求められる。さらに、暴力的な描写や性的なシーンがある映画は控えなければならない。

 入社するまで野球一筋で、映画を見ることのなかった彼にとって、この条件下で作品を選ぶことは非常に難しかった。視聴率がなかなか出ず悩んでいた彼は、映画館や自宅でとにかく映画を見た。さらに社内の映画通と映画談議をし、映画雑誌を読むようになった。次第に「シネマ・スタジアム」の視聴者層が分かるようになり、視聴率も上がってきている。

 昨年10月には「ジェーソン・ステーサム祭り」と称し、名俳優ジェーソン・ステーサム主演の映画4本をまとめて放送するなど新たなチャレンジをしている。また、放送当日のラテ欄には映画の紹介が19文字で表現されている。そのラテ欄が会員制交流サイト(SNS)に投稿され、一部の視聴者の間で話題になることもある。

 入社してから2年間で選んだ作品100本以上の宮本は語る。「ひとりでも多くの人が、僕の選んだ映画を見て、笑ったり泣いたりしてもらえたらと思い、作品を探しています。“木曜日の夜はサンテレビで映画”と覚えていただけたらうれしいです」

 30日の放送は「キラー・エリート」。宮本はいう。「私の大好きな名俳優ジェーソン・ステーサムが超アクションで最強の殺し屋を演じています。仲間との絆あり、最後の最後までハラハラドキドキ、最高にアツい映画です」(サンテレビ編成部・水落理奈)

総合の最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 0%

  • 11℃
  • 1℃
  • 10%

  • 12℃
  • 4℃
  • 0%

  • 13℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ