総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸地裁尼崎支部=尼崎市水堂町3
拡大
神戸地裁尼崎支部=尼崎市水堂町3

 同級生のいじめが原因で不登校になったとして、兵庫県尼崎市立小学校6年の女児(11)が7日、同級生の両親に、慰謝料など約490万円の損害賠償を求めて神戸地裁尼崎支部に提訴した。

 訴状によると、女児と同級生は3、4年生でクラスメートだった。女児は3年の2016年秋から4年の17年4月ごろまで、同級生から継続的に殴る、転倒させられるといった暴力を受け、ノートなどに「うざー」などと落書きをされたという。

 女児は17年5月、いじめを理由に不登校に。不眠や目が見えにくいなどの症状が現れ、同月「抑うつ状態」と診断された。現在も学校に通えていない。

 代理人弁護士によると、女児が通う小学校は17年4月、女児から相談を受けていじめを把握。18年6月、小学校はいじめを「重大事態」と捉え、報告書を作成した。同級生の両親には、治療費だけを求めて和解を提案したが折り合わず、訴訟に至ったという。

 代理人弁護士は、尼崎市教育委員会に事案の公表も求めている。女児の母親は「両親に正式に謝罪してもらい、学校に通う普通の生活を娘にさせてあげたい」と話した。

総合の最新
もっと見る

天気(7月9日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 60%

  • 31℃
  • 22℃
  • 60%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 24℃
  • 70%

お知らせ