総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 外国産豚肉を兵庫県産ブランド豚として販売したなどとして、県が神戸市東灘区の精肉販売会社「神戸サカヱ屋」の社長を刑事告発したことを受け、井戸敏三知事は10日の定例会見で、2020年度から指導権限を持つ県立消費生活総合センターの体制を強化することを明らかにした。

 この問題では当初、同業者らでつくる県食肉公正取引協議会が調査を手掛けたが、不正の規模などが大きいとして県も追加調査に着手。井戸知事は「今後は業界の自主性だけに委ねず、情報が入れば県が初動でしっかりと調査、確認する」と踏み込んだ対応をしていくと表明した。併せて同センターの指導取り締まり担当の人員や組織体制などを見直す考えを示した。

 県は、外国産豚肉など約6トンを県産ブランド豚「雪姫ポーク」と偽って販売したなどとして4日、同社社長を不正競争防止法違反の疑いで刑事告発した。(前川茂之)

総合の最新
もっと見る

天気(8月9日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ