総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県や神戸市の観光などを話し合ったパネル討議=神戸市中央区港島中町6
拡大
兵庫県や神戸市の観光などを話し合ったパネル討議=神戸市中央区港島中町6

 多彩な分野で活躍する著名人の講演を通じて日常を見つめ直す「JTフォーラム ひとのときを、想う。」(神戸新聞社主催、JT協賛)が14日、神戸市中央区の神戸ポートピアホテルであった。シドニー五輪柔道銀メダリストの篠原信一さんや著述家の湯山玲子さんによる講演やパネル討議があり、約150人が耳を傾けた。

 神戸出身の篠原さんは中学から柔道を始めた。当初は練習嫌いだったが、目標ができてからは苦痛ではなくなったといい、目標を持つ大切さを力説。金メダルを逃したシドニー五輪での経験にも触れ「自分の心の弱さに涙が止まらなかった」と振り返った。

 湯山さんは、近年の旅行や観光の傾向について持論を展開。財布のひもは固くなった一方で、自分がこだわる“本物”には大金を払う人や、1人でキャンプや温泉に行く「おひとりさま」と呼ばれる旅行者が増えている状況などを紹介した。

 パネル討議では、本紙の林芳樹特別編集委員や神戸市の山本泰生経済観光局長も交え、阪神・淡路大震災を乗り越えてきた兵庫県や神戸市の観光について、今後の展望などを話し合った。(安福直剛)

総合の最新
もっと見る

天気(2月28日)

  • 9℃
  • 3℃
  • 10%

  • 8℃
  • 2℃
  • 20%

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

  • 10℃
  • 2℃
  • 10%

お知らせ