総合 総合 sougou

  • 印刷
遺族会の検索サイトを紹介する黒川雅代子教授=京都市伏見区、龍谷大学
拡大
遺族会の検索サイトを紹介する黒川雅代子教授=京都市伏見区、龍谷大学

 大切な人を亡くした人同士が出会い、喪失体験や気持ちを分かち合う「遺族会」の活動が関西で活発化している。国内で唯一という連絡組織「関西遺族会ネットワーク」には、兵庫の11団体を含む計40団体が登録。それぞれの遺族会を検索できるホームページも好評だ。同ネットの代表を務める黒川雅代子(かよこ)さん(54)によると、関西での動きの背景には阪神・淡路大震災(1995年)や尼崎JR脱線事故(2005年)の経験もあるという。(中島摩子)

 同ネットは11年に計19団体で設立された。年に2回会合を開き、情報交換をしたり、専門家を招いて「グリーフ(悲嘆)ケア」について学んだりする。

 ホームページは15年に開設され、亡くなった相手▽自死や病気、事故などの死亡理由▽開催地域-などの情報を入力すれば、自分に合った遺族会を検索できる。活動は、尼崎JR脱線事故を機に設立された「JR西日本あんしん社会財団」が助成している。

 代表の黒川さんは龍谷大短期大学部教授で、神戸での遺族会立ち上げなどに関わった。「核家族化が進んで家族葬が増え、葬式に参列することも少ない。『周りに死別を経験した人が誰もいない』という声も聞く」と黒川さん。ただ「必ずしもそうではなく、死や遺族が見えにくくなっている面もある。だからこそ遺族会が必要」と話す。

 さらにその意義について「同じ経験をし『少し先を歩んでいる人』に出会うことで、これからどう生きるのかを考えられるようになる」と強調する。

 それぞれの遺族会では、定期的に集まって悩みを打ち明けるなどする。運営には、一方的なアドバイスや批判はしない-といったルールもある。関西で遺族会が増えている背景として黒川さんは、阪神・淡路などの経験に加え、脱線事故後に開設された「上智大学グリーフケア研究所」(大阪市北区など)の修了生による熱心な活動も挙げる。

 脱線事故で当時18歳だった大学1年の娘を亡くした母親(65)=兵庫県宝塚市=は、グリーフケア研究所で学んだ後、四つの遺族会に関わる。「何年たっても亡くなった人のことを話したいのに、周囲に『いつまで言っているの?』と言われると、だんだんと話せなくなる」とし、「遺族会では皆が同じと思え、孤立感が癒える。悲しみが分かる社会になってほしい。そのための遺族会だと思う」と話している。

 同ネット(http://izoku‐net.com/)

総合の最新
もっと見る

天気(6月7日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 16℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 0%

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ