総合 総合 sougou

  • 印刷
竹を傷つけないよう手作業で作られる「かぐやびな」=兵庫県上郡町高田台6
拡大
竹を傷つけないよう手作業で作られる「かぐやびな」=兵庫県上郡町高田台6

 3月3日の桃の節句にちなんだ工芸品「かぐやびな」の制作が、兵庫県上郡町の「まつい工芸社」で最盛期を迎えている。金色に塗られた竹の中から小さな春が顔を出すように、夫婦びなが寄り添う。

 モウソウチクで作られるかぐやびなは高さ20センチ、直径12センチ。同社の松井宏司代表(82)は人間国宝の竹工芸作家に師事した経験があり、「かぐや姫」の物語をヒントにして1989年にかぐやびなを考案した。

 今年は令和のスタートに合わせ、着物に使う京友禅和紙の色柄を刷新。松井代表は「家の中に飾って明るい春を呼び込んでほしい」と話した。5800円(送料別)。同社TEL0791・52・3913

(小林良多)

総合の最新
もっと見る

天気(4月8日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ