総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神戸市垂水区で2016年10月、市立中学3年の女子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、同市は25日、遺族に解決金2025万円を支払い和解することを決めた。同市会で同日、訴訟を経ず和解する議案が全会一致で可決された。問題を巡っては、市教育委員会がいじめの調査メモを隠蔽したことが発覚していた。

 自殺直後に市教委が設置した第三者委員会は、いじめと自殺の直接の因果関係を認めず、遺族が再調査を要求。生徒の同級生らがいじめを証言したメモを、市教委の首席指導主事が隠蔽するよう前校長に指示していたことも発覚した。

 市が設けた再調査委員会は昨年4月、いじめが自殺の大きな要因とする報告書をまとめた。いじめ防止の対策も提言した。

 市教委によると、市も遺族も訴訟によらない解決を望み、解決金は生徒の死亡やメモ隠蔽などを踏まえて算出。再調査委の提言の実現も和解の条件となった。

 市会本会議では一部議員が「メモ隠蔽など賠償の一部は、対応した職員に求めるべきでは」と指摘。長田淳教育長は「公務員の求償権の対象になるのかどうか、専門家の意見も踏まえ適切に対応する」とした。

 生徒の母親は「神戸市では教員間のいじめなども報じられており、報告書が生かされているとは思えない」「二度と娘のような悲惨な事件が起こらないよう、日々の教育にあたっていただければ」とのコメントを出した。(石沢菜々子、井上 駿)

総合の最新
もっと見る

天気(7月10日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ